株式取引の魅力と優待という制度

株取引には、1つ独特な点があります。株主に対する優待制度は、メリットが大きいという声も多いです。優待制度は、株取引の特徴の1つでもあります。他の投資商品には、そもそも優待というシステム自体が無いからです。

株主に対する優待制度

人によっては、特別なチケットを持っている事があります。VIPのチケットも、その1つです。いわゆる特別会員のチケットで、それをお店のスタッフに見せると優遇されるシステムになっています。
例えばある飲食店の場合、本来ある食事を注文する際には、3,000円を支払うシステムだとします。ところが上記のような特別チケットを保有していれば、それが無料になるケースもあります。もしくは、かなり大きく割引されるケースもあります。VIP待遇になりますから、それだけ大きく割引される訳です。
冒頭で触れた株取引をしていると、そのような特別チケットが渡されるケースが多々あります。というのも企業によっては、株主に対する優待制度を採用しているからです。株主は、会社の売上にも大きく関わっていますし、サービスの一環として割引してくれるケースも多々あります。それに魅力を感じて、株取引を始める方も少なくありません。

他の投資商品には無い優待制度

ところで株は、もちろん投資商品になります。投資は、株取引の他にもあります。FXや仮想通貨など、投資に関する商品は沢山あるのです。
ただFXという商品の場合は、そもそも優待という制度自体がありません。たとえ外貨を保有しているからと言って、上記のような割引チケットが渡される訳ではありません。
仮想通貨も同様です。その通貨自体は非常に便利ですが、株のように割引される事はまずありません。
しかし株取引の場合は、かなりお得なサービスを享受できるケースも多々ある訳です。人によっては、優待制度だけを目当てに株取引している事もあります。

株の優待制度の主な注意点

ただし株主優待には、2つ注意点があります。まず1つ目ですが、「全て」の企業が優待制度を採用している訳ではありません。優待制度が無い企業もありますから、注意が必要です。
2つ目の注意点ですが、指定の日までは特定の銘柄の株券を保有し続けておく必要があります。保有し続けずに、株券を途中で売却してしまいますと、せっかくの優待というサービスを受けられなくなります。自分が保有している銘柄のルールをよく確認して、何月何日が最終日なのかを確認しておくと良いでしょう。